田舎風パテ

仔牛、豚バラ肉、鶏レバーを使ったパテが新メニューになりました!

ランチの前菜でも人気です。
ディナーの際には、是非赤ワインをお供になさってください。
ブルーベリーやザクロを思わせるようなアロマの、
モンテプルチアーノ・ダブルッツォがおすすめです。

フレッシュホタルイカのパスタ

毎年3月ごろからメニューとしてご提供しているホタルイカ、
季語としては「晩春」を表すとのことです。
きっと本来の旬も短いのではないでしょうか。

現在スパゲットーニ(やや太め)で合わせていますが、
自家製パスタにもピッタリです。

ホタルイカの出身地・富山では、
ほたるいかミュージアムで発光ショーが始まっているようです!
ネオンカラーが綺麗ですね。

ほたるいかミュージアム↓
http://hotaruikamuseum.com/museum

不思議な食感

パンナ・コッタが大変ご好評をいただいております!

日本でも90年代の一時期ブームになったほど、
イタリア料理の代表的なドルチェですが、今回のレシピは店主特製。

ゼラチンを全く使わず、卵白だけで固めた食感が濃厚、
かつ後味すっきりに仕上がっているのです!

濃いのにすっきり、不思議な食感をぜひお試しください。

ホール担当のパンナ・コッタエピソードは、
『ジョジョの奇妙な冒険 Parte5 黄金の風』のパンナコッタ・フーゴです。

5部は、イタリアが舞台となっており、3部に並んで人気のシリーズです。
キャラクターの個性が際立っているのが5部、とも言われています。

ホワイトアスパラガスの温製サラダ仕立て

春のメニュー第2弾!
皆さまお待ちかねのホワイトアスパラガスの温製サラダが帰ってきました!

ほのかな苦味と甘味、そして透き通るようなオフホワイトから、
春の薫りをお楽しみください。

トロトロのポーチドエッグとの相性もピッタリです。

地蛤のクスクス仕立て

春のメニュー第1弾は、地蛤のクスクス仕立てです。

クスクスは世界で一番小さなパスタで、大きな地蛤の出汁がよく染みています。
イル・ラメリーノ特製のジェノベーゼが更に春らしさを添え、
大満足いただける一皿になりました。

一皿に地蛤が2個入っていますので、お二人様でどうぞ。