お店でも料理の写真をご覧になれます!

Instagramへの料理写真UP開始から3ヶ月が経ちました。

現在も季節のメニュー画像を鋭意更新中ですが、
その中からオススメの60枚の写真を使い、小さな写真集Instantbookを作りました!

ご来店の際にメニューを決めるご参考になれば幸いです。20160615_8

ビーツのトルテッリ

トルテッリは、北伊エミリア・ロマーニャ州発祥とされる、

餃子のように中に具が入っているパスタです。

代表的な具に、リコッタチーズとほうれん草をミックスしたものがあります。

ジャガイモとトリュフのミックスを具にすることもありますが、

今回はビーツ、リコッタチーズと少量のジャガイモです!

ビーツの水分を飛ばしているので、カブの甘みが生きる優しい一皿になりました。

ボロネーゼソースとセージバターのハーモニーでお楽しみください。

20160615_1

フィレンツェ名物・トマトの冷製スープ

気温30℃を超える日も増えてきました。

食欲がなくなるような暑い日にも食べられるのが「トマトの冷製スープ」です。

20160615_7

スープのわりに水分が少ないのは、イル・ラメリーノのお約束です!

完熟トマト、パン、バジル、エクストラヴァージンオリーブオイルを使って、

シンプルな夏の定番に仕上げました。

6月末までご提供予定です

イル・ラメリーノの一番人気、

ホワイトアスパラガスの温製サラダ仕立ては6月末までご提供する予定です。

本当に人気がありますので、売り切れの際はご了承くださいませ。

ご予約の際にお伝えいただけますと、無事にお召し上がりいただけます。

20160615_4

20160220_6

真鰯の香草パン粉焼き

季節のメニューのご紹介です。

イタリア語では「Saldi beccafico」と言います。

ベッカフィーコと呼ばれる尾長鳥のふっくらしたお腹に似ている、

その尾長鳥のローストと同じくらい美味しいからなど、名称には諸説あるようです。

レモンスライスと月桂樹の葉、

店主のシチリア出身の師匠直伝の香草パン粉と一緒に焼き上げます。

夏らしい一皿です。

20160615_6 20160615_5

コーヒー風味のクレームブリュレ

クレメンタインオレンジを使ったクレームブリュレに代わり、

吉祥寺時代から根強い人気だったコーヒー風味のクレームブリュレが登場!

オトナの甘さで、まさに別腹。

あっという間にお腹に収まります。

カソナード(サトウキビ100%から作られている、精製されていない含蜜糖)で

キャラメリゼしてご提供します。

その表面をスプーンで壊すのもお楽しみください。

 

20160611_7

真鰯のカサレッチェ

カサレッチェは、シチリアの伝統的なショートパスタで、

断面はS字を描いています。

casarecce

イル・ラメリーノでは、旬の真鰯とウイキョウ、

トマトを使った個性的なソースで仕上げます。

レーズンとアーモンド入りの香草パン粉も合わせ、鼻に抜ける香りが夏らしいです。

20160611_6

スティンコ(プロシュート)のロースト

ナイフを使わなくても召し上がっていただける、

プロシュートのローストをご紹介します。

イタリア語で「スティンコ」という部位を使いますが、これはすね肉を表しているので、

吊るされているプロシュートでいうと、細いほうの部分にあたります。

固い部分でもあり、塩気も強いので、

4日間かけて塩抜きをし、6時間煮ます。

柔らかく煮えたら、季節の野菜と一緒にローストします。

今回は、ちりめんキャベツやホワイトアスパラ、春ポルチーニと一緒に

ローストした画像をお届けします。

3~5名様でぜひどうぞ。20160610_2

 

店主オリジナル料理!

先日事前にお知らせをさせていただいた、

店主のオリジナル料理、仔牛フィレ肉のソテーをご紹介します。

仔牛フィレは大変柔らかな部位なのですが、味は淡泊であるため、

★プロシュートで巻いてソテーし、コクをプラス

★春ポルチーニを赤ワインと生クリームで煮たソースでアクセントをつける

上記2点で美味しさをUPさせています!

伝統料理を謳うイル・ラメリーノですが、ごくたまにオリジナルが飛び出すこともあります!20160611_1